地震に備えるなら予知のシステムを確認【事前の準備が可能】

未知の部分が多い災害

事前に察知するのは難しい

女の人

大震災に備え行政レベルで様々な防災対策が準備されていますが、大地震の時に一番重要なのは、個人の防災意識だといわれています。
阪神大震災においては半数以上の犠牲者の方が、家の倒壊や家具の下敷きになるなどした、圧死で亡くなられました。
この事から、マイホームの耐震性向上や家具の固定などで被害を防ぐことが、減災の上では重要です。
理想としては、火山噴火のように数日前から災害発生を予知する事が出来れば、自然災害における減殺効果は計り知れません。
しかし、現状では地震活動には未知の部分が多く、現在の科学力をもってしても確実に巨大地震発生を予知する事は難しいのが現状です。
世界の災害被害において地震は、最も被害が大きい自然災害でもありますので各国の地震学者などは、発生を予知する研究に日々取り組んでいます。
国内においては予知というレベルまではいきませんが、それに近い防災システムが整備されていて、世界からも画期的なシステムと評判が高いです。
そのシステムは皆さんもご存知の緊急地震速報で、巨大地震発生時の地震波を検地計でキャッチし、コンピューターによって震度を予測します。
この時に震度5以上の揺れがあると予測された場合は、テレビやモバイル機器によって国民に警報を発するシステムです。
この警報は避難などを促すものではなく、すぐにやってくる強震に備え火の始末や机などの下に潜るなどの、安全措置を取る時間を与える為の警報となります。
このため、緊急地震速報が発令されたら速やかに安全行動が取れるように、日頃から心がけておく事が重要です。

前もって情報を得られる

ヘルメット

日本は地震の頻発する国なので大きな地震が発生する可能性も考えられ、常にアンテナを貼って情報収集しておくのが得策だと考えられます。
情報を得ておくと、地震が起きたときに安全を確保するための行動を素早く取ることができます。
一般的に情報を得る手段として考えられるのは、テレビやラジオの気象情報や地震速報です。
発生前に緊急速報として情報が配信されるので、緊急的な避難には大いに役立つものです。
またスマートフォンのアプリでは、速報を知らせてくれるものも開発されています。
さらに、最近は観測をして地震が起こりそうな場合は、メールで情報を配信するという有益な地震予知サービスが登場しています。
これらのサービスでは会員登録をして、月会費を支払って情報を受け取るという形のサービスです。
予知する仕組みはと言うと、地震が起こる前には地殻に亀裂が走り電磁波が放出されるため、この電磁波を直接的に観測、または身近にある電波を観測することで予知をします。
地震の起こる前には、その予兆として地表から放出される大量の電磁波が観測されます。
この電磁波の放出がおさまった数日後に大きな地震が起こるとされており、このメカニズムを利用したのがこのような予知サービスです。
このような予知サービスでは、起こる直前ではなく前兆から情報を得ることができるので、前もって対策を立てやすくなります。
このため個人で取る行動、家族で取る行動など事前に考えて備えておくことができるようになり、地震が発生したときでも落ち着いて行動できるようになるでしょう。

安全のために利用しよう

防災グッズ

防災に関心をお持ちの方に地震予知サービスの利用をおすすめします。
地震予知サービスとは、民間の企業が提供している防災情報サービスのことです。
独自の分析システムによる地震予知の結果を登録したメールアドレスまで配信してもらうことができます。
分析に使われるのは、地下で感知された電磁波ノイズです。
その波形を分析することで、高確率で地震を予知することが可能となります。
あらかじめ地震を予知することができれば、そのための対策や避難準備を行うことができます。
近年地震が多いこともあり、年々利用者が増えています。
予知に使用される電磁波ノイズのデータについては、グラフなどで確認することができます。
メールにはグラフも添付されるため、自分の目で確認することが可能です。
電磁波ノイズの観測点は、全国各地に設置されています。
自宅近くの観測点を選択することで、より正確な情報を知ることができます。
地震予知のメールは、24時間いつでも配信が行われています。
自分自身や家族の安全を守るために役に立つサービスです。
地震予知サービスは、無料で提供されています。
メールアドレスを登録するだけで利用できるため、煩わしい作業も不要です。
もちろんプライバシーも厳守されるため、安心して利用することができます。
有料会員になると、より詳細なデータが配信されるようになります。
月々の登録料は安く設定されているため、気軽に利用することができるというメリットもあります。

防災のための情報収集

ミニチュアの家

地震の予知をするというと荒唐無稽に聞こえるかもしれませんが、東海地震に関しては国を挙げて予測する体勢を取っています。1週間以内に東京直下でマグニチュード6〜7の地震が発生する可能性を予知するために、常時監視により観測データを集めています。

もっと読む

避難の準備と方法の確認を

ヘルメットを持つ人

東海地震において予知の研究が行われていましたが、難しいことが発表されました。新たな対策が必要になり、情報が変わる可能性があります。ハザードマップで避難場所、経路を確認し数日分の食料を確保しておく必要があります。

もっと読む

減災のための手段

男女

地震の予知は非常に難しく、現段階ではまだ確立したとはまったくいえない段階にある。しかし、観測網の強化やこれまでのデータの蓄積などにより、急速に地震のメカニズムが解明されつつある。近い将来、予知が可能となり、減災に役立つことを期待したい。

もっと読む